趣味に生きる大学生

日々のことをつらつらと

音ゲー修行5

今日弐寺をやって手の配置で力まない方法がわかった気がする。

大きく分けてポイントは3つ。

1.手は丸める

   理由としては、手が伸びきっていると鍵盤を押すときに不自然な配置になり力みやすいから。丸めてると指先で打鍵するようになる。

 

2.手は握りこぶし一つ分くらい浮かせておく。

これは単純に非皿側の手で5鍵を押すときに浮いていないと押せないから。浮かせてると運指を移行させやすかったりする。

 

3.手は常に台と平行にしておく。

今日の一番の発見はこれ。6.7鍵とかはどうしても押しにくい。そうしたときに、手が6.7鍵の方に傾いてしまう。こうするしてしまうと、この後に、4.5鍵が来たりすると手の動きが大きくなってしまう。これを繰り返すと、どんどん振りが大きくなり力みやすかなってしまう。

 

自分の中では3番が重要だと思う。自分の中で非皿側の手はこれでいけると思うが、皿側の手がイマイチうまか使えてない気がする。今度は皿側の手について考えて行きたいと思う。

広告を非表示にする